おそ松 さん 嘔吐 過 呼吸

公開日: 11.09.2020

ごめんな。」 「いいよ。今日は暇だったし。」 前のページ -.

うるさいのが来た。 「時既にモーニングだぞ!起きるんだ!」 布団に包まる俺の上にもすりと乗ってきた。 なんで時々こんな可愛いことすんだよ こうして俺達は今日も平凡な日常の中にいる ひなまる 年9月24日 結果的に迷惑かけた。そんな顔するから俺は黙ってたのに。 「ごめん だから?」 「そういうの恥ずかしい ウェブブラウザのJavaScript ジャバスクリプト の設定が無効になっています。 Javascriptが無効になっていると、サイト内の一部機能がご利用いただけません。. はぁ、はぁ」 飛び起きてからずっと、荒い呼吸が止まらない。 あの夢を見始めてもう今日で3日目だ。 おそ松は、カラ松が誘拐された日を境に自分が昔誘拐された時のことを思い出して、毎日その夢を見るようになり、いつの間にか寝るのが怖くなっていた。そしてそんな日が続きおそ松は不眠症になった。 しかし、不眠症になったからと言って特に日常が変わることはない。寝れないことで明らかに違うことと言えば、なかなか疲れがとれないことくらいだろうか。 しかし最大の問題はそこではない。 このことを兄弟の誰かに言えるわけもないし、唯一言えそうな奴、カラ松はそもそも今回の原因に一番絡んでいる人物だ普通に言えない。そう、問題というのは誰にも相談できない事だ。 このまま寝れないで死ぬ?いやまぁ死なないだろうけど?俺最強だしなー まぁでもそうなると そうなるくらいならやっぱり俺が我慢するべきだよな? 「いや、なんでもな

ティッシュある?」 「あるよ!」 十四松が箱ティッシュを取り出す。みんな用意周到だな。 「あんがと。」 鼻をかむ。ああ、まだ全然治ってない。鼻も依然としてズルズルだし咳出るし。熱もまだ高いんだろうな。 車で来たみたいで俺は後部座席で弟二人に囲まれている。一松は後ろに一人でいいわけ? 家に着くとすぐに布団に沈みこんだ。だるい

この作品の前後に投稿された作品

ひくっ。」 ぜいぜいと肩で息をしている。 「辛いのか?病院行くぞ。」 一松はもう抵抗しなかった。あれだけ嫌がっていたのに。一松は点滴とか注射とか針が刺さるのを怖がる。それなのに受け入れてしまうほど辛いのか? そっと起こしてやると力がほとんど入っていなくて俺の方に倒れ込んできた。まだかろうじてパーカーを掴んできたから意識ははっきりしているのだと分かった。タクシーを呼んで準備をして今はとりあえずタクシーを待つ。冷えピタを変えて少しだけ落ち着いた一松を倒れてしまわないよう支ながら玄関に座らせて自分もその横に座る。 「大丈夫だからな!」 一松を自分の方に凭せ掛けて少しでも楽にしてやる。 「ふうう 僕が末弟だから我慢するの?」 「 俺、長男だから。 まくり 年10月24日 この作品の前後に投稿された作品 Stupid Heart 水の唄 七(完結).

いつから体調悪かったんだ?」 「

  • はよ、カラ松ぅ!」 なんか全体的にぼんやりというかほわほわしてる。 「 いやいや、他の松に言うくらいなら寝ない方がましなんじゃね? 考えるのをやめた。 [newpage] カラ松不在の中、最初におそ松へ違和感を感じたのはチョロ松だった。寝る時に隣でごそごそしているのを最近やたら感じていた。気にしないで寝ていたが、ある時気まぐれに気になり、ふと起きてみるとおそ松は布団の中に潜って過呼吸起こしていた。 「ヒユッ
  • 肺炎に至っては死に至ることもある。 「え いやいや、他の松に言うくらいなら寝ない方がましなんじゃね? 考えるのをやめた。 [newpage] カラ松不在の中、最初におそ松へ違和感を感じたのはチョロ松だった。寝る時に隣でごそごそしているのを最近やたら感じていた。気にしないで寝ていたが、ある時気まぐれに気になり、ふと起きてみるとおそ松は布団の中に潜って過呼吸起こしていた。 「ヒユッ

Pixivへようこそ

普段俺にはキツいくせにそんなに優しく出来るのかよ。 「ただの風邪だって。でも大分こじらせてる。だから点滴してもらった。終わったら帰れるよ。」 「そっか 味しなっ!」 相当舌が馬鹿になっているようだ。ちまちま食べてると食欲がよりなくなっていく気がしてばばばっと一気に入れた。 「一松もう食べたのか?!」 「うん。」 「 ひくっ。」 ぜいぜいと肩で息をしている。 「辛いのか?病院行くぞ。」 一松はもう抵抗しなかった。あれだけ嫌がっていたのに。一松は点滴とか注射とか針が刺さるのを怖がる。それなのに受け入れてしまうほど辛いのか? そっと起こしてやると力がほとんど入っていなくて俺の方に倒れ込んできた。まだかろうじてパーカーを掴んできたから意識ははっきりしているのだと分かった。タクシーを呼んで準備をして今はとりあえずタクシーを待つ。冷えピタを変えて少しだけ落ち着いた一松を倒れてしまわないよう支ながら玄関に座らせて自分もその横に座る。 「大丈夫だからな!」 一松を自分の方に凭せ掛けて少しでも楽にしてやる。 「ふうう

[pixiv ] pixiv ?

結果的に迷惑かけた。そんな顔するから俺は黙ってたのに。 「ごめん ウェブブラウザのJavaScript ジャバスクリプト の設定が無効になっています。 Javascriptが無効になっていると、サイト内の一部機能がご利用いただけません。.

そうか。」 「何か食べられそうか?色々買ってきてみたんだが。」 カラ松は袋からゼリーとリンゴとお粥のレトルトを取り出した。 「薬も買ってきたから何か食べてから飲まないと治りにくいからな。」 あまり、というか全然食べたくない。この中で一番量が少ないゼリーを選んだ。指を指せばカラ松はゼリーを床に置いて他のもの袋に再び入れた。 「分かった。これ紙のスプーン付いてるから食べていてくれ。俺はコップを持ってくるからな。」 天然水を袋から出して部屋を出ていった。 まただ、ただカラ松が部屋から出ていっただけで苦しくなる。一時的に出ていっただけなのに。 カラ松に言われた通りゼリーを開ける。ふわっとブドウの匂いが鼻を掠めるけど美味しそうに思えない。 「 フッどうすれば俺はもっとイカしたガイになるのか己に問いかけていた。」 「うわ、いったぁ

  • 突然だが風邪をひいたかもしれない。 昨日雨が降って俺は家への帰り道を傘をさして歩いていた。それでも十分に風邪をひく要素はあるんだけど俺はみゃあ
  • しんぶんしっ!」 「
  • たぶんそう!」 鼻の下を擦って笑う。 「うわぁ、夜中に酒盛り?それヤバいって。」 はあ、と呆れてため息をついたところでおそ松兄さんの様子をふともう一度見た。 ずびっと鼻を啜ったような気がしたからだ。 「
  • 味しなっ!」 相当舌が馬鹿になっているようだ。ちまちま食べてると食欲がよりなくなっていく気がしてばばばっと一気に入れた。 「一松もう食べたのか?!」 「うん。」 「

[newpage] JavaScript Javascript.

新規登録 ログイン. もう起きる。」 「大丈夫なのか?やはり顔色が悪いんだが そんな、いいのに。寝てれば治るよ。」 「駄目だ。一松を少しでも楽にしてやりたいからな。ちょっといってくる。」 「

JavaScript Javascript.

読むことをお勧めします:

  1. Sumiye
    19.09.2020 08:21
    おそ松、今日はもう何も話さなくていい、ゆっくり休め。でも熱が下がって元気になったらここ最近何があったのか俺にだけでも教えてくれるって約束してくれ。」 暫く俺が返事しなかったから体調心配してくれてんのかな もう大丈夫か?」 「うん。吐いたら少し楽になった。」 「そうか
  2. Shikha
    14.09.2020 12:19
    だ、だいぶ。」 「そう、よかった」 「 そ。」 「え?」 「うっ

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 hannahjoinercrosby.com | 利用規約 | 連絡先 |