源氏 物語 若紫 和訳

公開日: 25.12.2020

鎌倉時代 以前には、『源氏物語』は「雲隠」を含む37巻と「並び」18巻とに分けられており、並びの巻を含めない37巻という数え方が存在し、さらに、宇治十帖全体を一巻に数えて全体を28巻とする数え方をされることもあった。37巻とする数え方は仏体37尊になぞらえたもので、28巻とする数え方は 法華経 28品になぞらえたものであると考えられている。これらはいずれも数え方が異なるだけであって、その範囲が現在の『源氏物語』と異なるわけではない。.

一覧 写本 古注釈書 カテゴリ コモンズ. 故六条御息所の娘(斎宮の女御)が年下の冷泉帝に入内した。帝の寵は、年齢が近いこともあって、先に入内した弘徽殿の女御に傾きがちだったが、絵が好きな帝は絵画に造詣が深い斎宮の女御に惹かれていく。これに慌てた弘徽殿の女御の父、権中納言(かつての頭の中将)は当代一流の絵師に贅を尽くした絵を描かせる。これに対し源氏は、紫の上とともに秘蔵の絵を集める。   後宮を舞台に繰り広げられる絵合わせが、三月、藤壺の御前で行われた。双方優劣つけがたく、帝の御前で再び開かれることとなった。その絵合わせも雌雄決しがたかったが、最後に出された源氏の手による須磨の日記によって、斎宮の女御方が勝利をおさめた。   栄華を極めた源氏は、いつしか自らの出家へと思いを馳せた。.

元来『源氏物語』は作者紫式部と、同時代の同じ環境を共有する読者のために執筆されたと推察されており、加えて作者と直接の面識がある人間を読者として想定していたとする見解もある [] 。書かれた当時の『源氏物語』は、周囲からは「面白い読み物」として受け取られており、少し経た時代でも、当時12歳だった 菅原孝標女 が、特に誰の指導を受けるということもなく1人で読みふけっていたとされている。時代を経て物語で用いる言葉遣いも、前提とする知識・常識も変化していくことで、気軽に『源氏物語』を読むことは困難になっていった。. 詳細は「 源氏物語の登場人物 」を参照. 下級 貴族 出身の 紫式部 は、20代後半で 藤原宣孝 と結婚し一女をもうけたが、結婚後3年ほどで夫と死別し、その現実を忘れるために物語を書き始めた。これが『源氏物語』の始まりである [2] 。当時は 紙 が貴重だったため、紙の提供者がいればその都度書き [3] 、仲間内で批評し合うなどして楽しんでいたが [4] 、その物語の評判から 藤原道長 が娘の 中宮 彰子 の家庭教師として紫式部を呼んだ [5] 。それを機に宮中に上がった紫式部は、宮仕えをしながら藤原道長の支援の下で物語を書き続け、54帖からなる『源氏物語』を完成させた [3] [6] 。.

空蝉にうつつを抜かしていたころ、源氏は六条に住む高貴な女の所に忍んで通っていた。宮中から六条に向かう途中、源氏は夕顔の咲く家に住む女(夕顔)と知り合う。折しも六条の高貴な女との関係に気詰まりを感じていた源氏は、この女に耽溺していく。   近所の声が聞こえるような家での逢瀬に嫌気が差した源氏は、女を廃院に連れ出す。その夜、源氏は物の怪に襲われるような夢を見て、目を覚ます。源氏は魔除けをさせたが、正気を失った夕顔はそのまま息を引き取った。. 阿部秋生 は、『 伊勢物語 』『 竹取物語 』『 平中物語 』『 うつほ物語 』『 落窪物語 』『 住吉物語 』など当時存在した多くの物語の加筆状況を調べたうえで、「そもそも、当時の『物語』はひとりの作者が作り上げたものがそのまま後世に伝えられるというのはむしろ例外であり、ほとんどの場合は別人の手が加わった形のものが伝えられており、何らかの形で別人の手が加わって後世に伝わっていくのが物語のとって当たり前の姿である」として、「源氏物語だけがそうでないとする根拠は存在しない」との見解を示した [45] 。.

最終更新 年4月20日 月 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

[41] [42]. 2 [27]. [54] .

後世の人物が『源氏物語』の欠を補った作。作者自身が別人であることを明かしているか、別作者であることが明らかである形で伝えられているため、狭義の偽作には含まれないが関連して論じられることは多い。まとまった補作が存在する場所は下記のように限られている [] 。.
  • この2系統の本文のうち、鎌倉時代には「河内本」が圧倒的に優勢な状況であり、 今川了俊 などは「 青表紙本は絶えてしまった 」と述べていたほどであった。そのもっとも大きな原因は、話の筋や登場人物の心情を理解するためにはそれ自体として意味のくみとれなかったり、前後の記述に矛盾のある(ようにみえる)箇所を含んでいる「青表紙本」よりも、そのような矛盾を含んでいない(ようにみえる)「河内本」のほうが使いやすかったりしたからであると考えられている。それでも、室町時代半ばごろから藤原定家の流れを汲む 三条西家 の活動により、古い時代の本文により忠実だとされる「青表紙本」が優勢になり、逆に「河内本」の方が消えてしまったかのような状況になった。三条西家系統の「青表紙本」は、純粋な「青表紙本」と比べると「河内本」などからの混入がみられる本文であった。. と聞こゆるほどに、 僧都 ( そうづ ) あなたより来て、 「こなたはあらはにやはべらむ。今日しも、 端 ( はし ) におはしましけるかな。この 上 ( かみ ) の 聖 ( ひじり ) の 方 ( かた ) に、源氏の中将の、わらは病みまじなひにものしたまひけるを、ただ今なむ聞きつけはべる。いみじう忍びたまひければ、知りはべらで、ここにはべりながら、御とぶらひにもまうでざりける。」  とのたまへば、 「あないみじや。いとあやしきさまを人や見つらむ。」  とて簾下ろしつ。 「この世にののしりたまふ光源氏、かかるついでに見たてまつりたまはむや。世を捨てたる法師の心地にも、いみじう世の憂へ忘れ、 齢 ( よはひ ) 延ぶる人の御ありさまなり。いで 御 ( み ) 消息 ( せうそこ ) 聞こえむ。」  とて立つ音すれば、帰り給ひぬ。.
  • 源氏はなおも朝顔の姫君に言い寄るが、姫君のかたくなな態度は変わらない。   一方、祖母大宮の元で養育されていた源氏と葵の上の子、夕霧が十二歳となり元服した。源氏は勉学を身につけさせるために、六位という下級の官位に留めおいた。大宮も夕霧もその処置に不満であったが、発憤した夕霧は異例の早さで昇進した。   同じころ、斎宮の女御が立后した。源氏は太政大臣に、かつての頭の中将は内大臣に昇進した。斎宮の女御の立后にあせる内大臣は、次女雲居雁の入内を考えるが、雲居雁は夕霧と相思相愛の仲になっていた。そのことを知った内大臣は雲居雁を自宅に連れ戻す。   源氏は夕霧の後見を花散里に依頼する。夕霧は容姿はふつうだが気立てのよい花散里に心を許す。   源氏は四季の町からなる六条院を完成させた。春の町を紫の上、夏の町を花散里の邸とし、秋の町を斎宮の女御の里邸とした。. と聞こゆるほどに、 僧都 ( そうづ ) あなたより来て、 「こなたはあらはにやはべらむ。今日しも、 端 ( はし ) におはしましけるかな。この 上 ( かみ ) の 聖 ( ひじり ) の 方 ( かた ) に、源氏の中将の、わらは病みまじなひにものしたまひけるを、ただ今なむ聞きつけはべる。いみじう忍びたまひければ、知りはべらで、ここにはべりながら、御とぶらひにもまうでざりける。」  とのたまへば、 「あないみじや。いとあやしきさまを人や見つらむ。」  とて簾下ろしつ。 「この世にののしりたまふ光源氏、かかるついでに見たてまつりたまはむや。世を捨てたる法師の心地にも、いみじう世の憂へ忘れ、 齢 ( よはひ ) 延ぶる人の御ありさまなり。いで 御 ( み ) 消息 ( せうそこ ) 聞こえむ。」  とて立つ音すれば、帰り給ひぬ。.

明かされる光源氏誕生の秘密

つらつきいとらうたげにて、眉のわたりうちけぶり、いはけなくかいやりたる 額 ( ひたひ ) つき、 髪 ( かん ) ざし、いみじううつくし。 「ねびゆかむさまゆかしき人かな。」  と、目とまりたまふ。さるは、 「 限りなう心を尽くしきこゆる人 に、いとよう似たてまつれるが、まもらるるなりけり。」  と思ふにも涙ぞ落つる。. 浮舟の失踪に宇治の人々は大慌てする。浮舟が入水したことを知る右近は、浮舟の母、中将の君に事情を打ち明け、真相が明らかになることを怖れ、亡骸もないまま葬儀を行う。   匂の宮は悲しみのあまり病に伏せ、薫は浮舟を放置した責任を痛感し、家族の後見を約束する。   夏、明石の中宮が催した法華八講の日に、薫は女一の宮を垣間見、強烈に惹きつけられる。妻である女二の宮に同じ装いをさせたりするが、心は慰められない。さまざまな女君との恋の有り様に無常を感じ、薫は、はかなく別れた宇治の姫君たちに思いを馳せる。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 空蝉にうつつを抜かしていたころ、源氏は六条に住む高貴な女の所に忍んで通っていた。宮中から六条に向かう途中、源氏は夕顔の咲く家に住む女(夕顔)と知り合う。折しも六条の高貴な女との関係に気詰まりを感じていた源氏は、この女に耽溺していく。   近所の声が聞こえるような家での逢瀬に嫌気が差した源氏は、女を廃院に連れ出す。その夜、源氏は物の怪に襲われるような夢を見て、目を覚ます。源氏は魔除けをさせたが、正気を失った夕顔はそのまま息を引き取った。.

藤壺の宮のこと。桐壺の更衣(光源氏の母)にそっくりの美貌の女性。 桐壺の更衣の死後、帝がその噂を聞きつけて皇妃とした。 光源氏の4歳上だが、帝は2人を母子のように扱って溺愛した。光源氏も、藤壺の宮が亡き母と似ていると教えられて懐き、いつしか恋するようになってしまった。光源氏の初恋の人だ。. 鎌倉時代 以前には、『源氏物語』は「雲隠」を含む37巻と「並び」18巻とに分けられており、並びの巻を含めない37巻という数え方が存在し、さらに、宇治十帖全体を一巻に数えて全体を28巻とする数え方をされることもあった。37巻とする数え方は仏体37尊になぞらえたもので、28巻とする数え方は 法華経 28品になぞらえたものであると考えられている。これらはいずれも数え方が異なるだけであって、その範囲が現在の『源氏物語』と異なるわけではない。.

  • この2系統の本文のうち、鎌倉時代には「河内本」が圧倒的に優勢な状況であり、 今川了俊 などは「 青表紙本は絶えてしまった 」と述べていたほどであった。そのもっとも大きな原因は、話の筋や登場人物の心情を理解するためにはそれ自体として意味のくみとれなかったり、前後の記述に矛盾のある(ようにみえる)箇所を含んでいる「青表紙本」よりも、そのような矛盾を含んでいない(ようにみえる)「河内本」のほうが使いやすかったりしたからであると考えられている。それでも、室町時代半ばごろから藤原定家の流れを汲む 三条西家 の活動により、古い時代の本文により忠実だとされる「青表紙本」が優勢になり、逆に「河内本」の方が消えてしまったかのような状況になった。三条西家系統の「青表紙本」は、純粋な「青表紙本」と比べると「河内本」などからの混入がみられる本文であった。.
  • 源氏物語が紫式部によって「いつごろ」「どのくらいの期間かけて」執筆されたのかについて、いつ起筆されたのか、あるいはいつ完成したのかといった、その全体を直接明らかにするような史料は存在しない。『紫式部日記』には、 寛弘 5年( 年 )に源氏物語と思われる物語の冊子作りが行われたとの記述があり、そのころには源氏物語のそれなりの部分が完成していたと考えられる。 安藤為章 は、『 紫家七論 』( 元禄 16年( 年 )成立)において、「源氏物語は紫式部が 寡婦 となってから出仕するまでの3、4年の間に大部分が書き上げられた」とする見解を示したが、これはさまざまな状況と符合することもあって有力な説になった。しかしその後、これほどに長い物語を書き上げるためには当然長い期間が必要であると考えられるだけでなく、前半部分の諸巻と後半部分の諸巻との間に明らかな筆致の違いが存在することを考えると、執筆期間はある程度の長期にわたると考えるべきであるとする説や、結婚前、父に従って越前国に赴いていた時期に書き始められたとする説、作中の出来事が当時の実際に起きたさまざまな事実を反映しており、最終的な完成時期をかなり引き下げる説も唱えられるようになってきた [51] [52] 。. 落葉の宮の母、一条御息所は病気平癒のため娘とともに小野山荘に移った。御息所の見舞いと称して山荘を訪れた夕霧は応対に出た落葉の宮に言い寄り、半ば強引に側で一夜を過ごす。   そのことを聞いた御息所は夕霧へ文を送るが、文を見つけた雲居雁がこれを奪い隠す。返事も訪れもないことに落胆した御息所は、失意のまま亡くなる。   夕霧は御息所の葬儀を仕切り、母を亡くし呆然とする落葉の宮になおも言い寄り続ける。頑なに拒む落葉の宮だが、遂に夕霧と関係を結ぶ。   その後、夕霧は妻たちとの間に多くの子を成した。.

[64]. [59].

【源氏物語】若紫 その1 の原文冒頭

大野晋 [31]. 与謝野晶子 は、それまでと同様に『源氏物語』全体を2つにわけたが、光源氏の成功・栄達を描くことが中心の陽の性格を持った「桐壺」から「藤裏葉」までを前半とし、源氏やその子孫たちの苦悩を描くことが中心の陰の性格を持った「若菜」から「夢浮橋」までを後半とする二分法を提唱した [27] 。. このうち、第一部は武田宗俊によって成立論(いわゆる玉鬘系後記挿入説)と絡めて「 紫上系 」の諸巻と「 玉鬘系 」の諸巻に分けることが唱えられた。この区分は、武田の成立論に賛同する者はもちろん、成立論自体には賛同しない論者にもしばしば受け入れられて使われている [28] 。.

お賽銭の相場ってあるの? 初詣は有名な神社のほうがよい? 神社と参拝について知っておきたいこと.

10.    .      . [64] .

【源氏物語】若紫 その1 のあらすじ

両者の作業はいずれも乱れた状況にあった『源氏物語』の本文を正そうとするものであったが、その結果は若干異なったものとなった。現在ある「青表紙本」と「河内本」の本文を比べると、「青表紙本」の方では意味が通らない多くの箇所で「河内本」をみると意味が通るような本文になっていることが多い。これは、「河内本」が意味の通りにくい本文に積極的に手を加えて意味が通るようにする方針で校訂されたのに対して、「青表紙本」では意味の通らない本文も可能な限りそのまま残すという方針で校訂されたためだと考えられている。このことは、藤原定家と源光行らがともにほぼ同じ資料を前にして、当時の本文の状況を「さまざまに異なった本文が存在し、その中のどれが正しいのかわからない」と認識していたにもかかわらず、定家は「その疑問を解決することはできなかった」という意味のことを述べ、源光行は「さまざまな調査の結果疑問をすっきりと解決することができた」という意味のことを述べるという正反対の結論に達していることともよく対応していると考えられてきた。定家の作り上げた「青表紙本」系統の本文が本当に元の本文に手を加えていないかどうかについては、近年になって、定家の『 土佐日記 』などほかの古典の写本作成に対する態度を詳細に調査することによって、ある場合には積極的に本文に手を加えることもあるということが明らかになってきたため、再検討の必要が唱えられている。.

尼君は、 「まったく、なんとまあ幼いこと。言ってもしょうがないことをあれこれしていらっしゃるのだなあ。私のこのように今日明日で終わるのではないかと思っている命を、なんともお思いにならないで、雀を追いかけていらっしゃるほど(の幼さ)だよ。 (仏様の)天罰を受ける ことになるよと、常に申しているのに、恨めしいことだよ。」  と言って、 「こっちに(いらっしゃい)。」  と言うと、(女の子は)ひざまずいた。. 源氏ははかなく消えた夕顔のことが忘れられない。そんな折、乳母子の大輔命婦から、故常陸宮の姫君(末摘花)のことを聞く。姫は荒れた邸で琴だけを友として暮らしているという。興味を持った源氏は、早速常陸宮邸を訪れ、琴の音を耳にする。   源氏の後をつけ、同様に姫に懸想をする頭の中将と源氏は恋の鞘当てを繰り広げるが、姫は一向になびいてこない。いらだった源氏は命婦に手引きさせ姫と強引に契りを結ぶが、姫の風情のなさに落胆する。   忙しさに追われしばらくぶりに姫のもとに訪れた源氏は、その翌朝見た姫の醜い姿、特にだらりと伸びた、先が赤い鼻に驚きを覚える。だが、落ちぶれた宮家の境遇を哀れと思い、姫の面倒を見続けた。   二条院で、源氏は美しく成長する紫の上と、赤鼻の女の絵を描いたり、自分の鼻に紅を塗ったりして戯れた。.

与謝野晶子 は、『源氏物語』は「帚木」巻から起筆され、「桐壺」巻はあとになって書き加えられたのであろうとする説を、『源氏物語』の全体を二分して後半の始まりである「若菜」巻以降を紫式部の作品ではなくその娘である 大弐三位 の作品であろうとする見解とともに唱えた [58] 。.

9 26 26.      . 32 [56] [57].    .       .

ベストアンサーに選ばれた回答

もう一人そこに座っていた年輩の女房が、 「本当にそうだよ。」  と泣いて、 生まれたばかりの若草が 成長してゆく将来も わからないうちに どうして露が 消えてゆこうとするのだろうか。. このほか、「源語(げんご)」「紫文(しぶん)」「紫史(しし)」などという漢語風の名称で呼ばれていることもあるが、これらは漢籍の影響を受けたものであり、それほど古いものはないと考えられている。池田によれば、その使用は 江戸時代 をさかのぼらないとされる [13] [14] 。.

寺本は8で「貌鳥」を並の巻の名とする諸書の記述に注目し、「貌鳥」は現在の「宿木」巻の後半ないし末尾であったことを明らかにし、5「若菜」に対する「諸鬘」なども同様であったと推論した。 そのほか、1、10もそれぞれ、「桐壺」が「桐壺」と「壺前栽」、「夢浮橋」が「夢浮橋」と「法の師」に二分されていたことを示すもので、また、『奥入』の「空蝉」巻で、.

.    .    .

読むことをお勧めします:

  1. Mikazuki
    03.01.2021 07:24
    紫式部 (詳細は 作者 を参照)の著した、通常54帖(詳細は 巻数 を参照)よりなるとされる [15] [16] 。写本・版本により多少の違いはあるものの、おおむね万文字・22万文節 [17] 字詰め原稿用紙で約2,枚 [18] に及ぶ。およそ名近くの人物が登場し [19] 、70年あまりの出来事が描かれた長編で、首弱の 和歌 を含む典型的な王朝物語である。物語としての虚構の秀逸、心理描写の巧みさ、筋立ての巧緻、あるいはその文章の美と美意識の鋭さなどから、しばしば「古典の中の古典」 [20] [21] と称賛され、 日本文学 史上最高の傑作とされる。.
  2. Kana
    03.01.2021 09:32
    宝塚歌劇団では黎明期から今日まで繰り返し上演されている。特に、 春日野八千代 の光源氏役は当たり役として名高い。. 藤壺は桐壺院亡き後、東宮の後ろ盾として源氏を頼りにするが、源氏の藤壺への執心はますます強まっていく。思い悩んだ藤壺は、桐壺院の一周忌法要後、髪を落とした。   失意の源氏だが、朧月夜との関係は続いていた。ふたりはある日、右大臣に逢瀬の現場を目撃される。弘徽殿の大后をはじめとする、右大臣家の怒りは凄まじいものだった。.
    Koemi
    26.12.2020 11:42
    平安時代の日本文学史 においても、『源氏』以前以降に書かれたかどうかによって、物語文学は「前期物語」と「後期物語」とに区分され [25] 、あるいはこの『源氏』のみを「前期物語」および「後期物語」と並べて「中期物語」として区分 [26] する見解もある。後続して成立した王朝物語の大半は『源氏』の影響を受けており、後世しばらくは『 狭衣物語 』と並べ、「源氏、狭衣」を二大物語と称した。後者はその人物設定や筋立てに多くの類似点が見受けられる。. 詳細は「 源氏物語の写本の一覧 」を参照.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 hannahjoinercrosby.com | 利用規約 | 連絡先 |