スピーカー ノイズ サー

公開日: 03.12.2020

たびたびありがとうございます。  先ほど、アンプに繋げているCDプレイヤーを取り除き、スピーカーだけを繋いだ状態でもノイズが聞こえたので、確かにアンプもしくはケーブルに起因するノイズのようです。   やはり、ケチらずにもう少し上のクラスのシステムを買えば良かったです。 量販店の店先ではうるさくてこんなノイズなど聞こえませんからね。. PC内蔵スピーカーのノイズの原因は、まず「電波や受信の際の混線」が非常に多いです。たとえばインターネット情報を受信する場合には、通常からさまざまなサイトからの電波を受信することとなり、この「さまざまな情報を受信する」という時点でパソコン内のスピーカー機能(設定)にそれなりの影響が及ぼされることになります。 そしてパソコン本体に影響がある場合もあり、この場合はホコリが付着していたり、また長い期間において使用していたことにより、パソコン機能そのものが寿命を迎えている場合もあります。 さらにスピーカーのノイズの原因としては、パソコンの設置場所の問題があり、電波を受信しにくい場所に設定することによってスピーカーからノイズが発生したり、無理に受信を行おうとした場合にはそのオーバーワークが祟ってヒートノイズに変わったりすることがあります。.

hohoRON IT 携帯・カメラ・オーディオ オーディオ機器 スピーカー スピーカーから出るノイズを消す方法 スピーカーから出るノイズを消す方法.

関連タグ 対策 スピーカー. 全クリア 参照履歴を保存しない. ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。 通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。 しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。 (音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小さくならないため) パワーアンプ接続時のミニコンポのボリュームは、通常SPやヘッドホンで聴く時よりも低くなっていますよね? 要は、それが原因なのです。 解決法は、ミニコンポのボリュームを上げる(=上げられるようにする)こと。 手っ取り早いのは、No.

スピーカーから「サー」というノイズが聞こえる場合は、たいていそのスピーカーに原因があることが多いです。一般的に「サー」という音はマイクロフォンをはじめ、音を出すためのトランジスタそのものの具合の不良が認められ、スピーカーの機能設定を調節することによって直る場合がほとんどです。 それでも直らない場合は配線に問題があることが多く、この場合もスピーカーの原因となりますが、配線コードとその使用しているスピーカーとの接続不良を疑うことも必要になります。. 古いプリメインアンプ(Luxman L)を使用しています。 先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。 検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。 電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。 どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。 このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか? また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SCなどのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。 はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。 どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。.

A ベストアンサー 経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。 特に寒冷時期に多いトラブルです。 試して診て下さい。 経年機はとにかく通電してやることです。 私は対策としてアンプは連続通電しています。 (何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です).

gooIDで新規登録・ログイン 新規登録する(無料) 会員の方はこちら.

4,2. Q PC PC OFF PC .

ナイスクチコミ 5. スピーカーから「サー」というノイズが聞こえる場合は、たいていそのスピーカーに原因があることが多いです。一般的に「サー」という音はマイクロフォンをはじめ、音を出すためのトランジスタそのものの具合の不良が認められ、スピーカーの機能設定を調節することによって直る場合がほとんどです。 それでも直らない場合は配線に問題があることが多く、この場合もスピーカーの原因となりますが、配線コードとその使用しているスピーカーとの接続不良を疑うことも必要になります。.

htm アンプのパワー・アンプ段に問題が生じているように思います。 >ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。 これによりアンプのパワー・アンプ段以前の回路から出るノイズはほぼゼロになりますので、残る原因部はパワー・アンプ段とそこに電気を供給する電源部ということになります。 アンプは入力信号のインピーダンス 交流抵抗 を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とトーン・コントローラやボリューム・コントローラなどの制御部を経 A ベストアンサー ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。 通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。 しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。 (音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小さくならないため) パワーアンプ接続時のミニコンポのボリュームは、通常SPやヘッドホンで聴く時よりも低くなっていますよね? 要は、それが原因なのです。 解決法は、ミニコンポのボリュームを上げる(=上げられるようにする)こと。 手っ取り早いのは、No.

沼さん さん. マツダ車のCX5のステレオをはじめ、フロントスピーカーから発生するノイズ対策となりますが、この場合は車の内装備品の適切な設定や、配線の調整を行なうことが必要となるでしょう。 車の中にはエアコンやカーテレビをはじめ、GPS機能が搭載されたカーナビゲーションなどのさまざまな機器類があるため、それらの内装備品の設定状態との不具合などもノイズ対策の配慮に含まれます。 特にCX5の場合のノイズ対策では、Boseコネクタの配線調整がよく必要とされ、このBoseコネクタを適切な位置に配置することによってノイズが収まる場合もよくあります。それでもノイズが発生する場合は「ノイズシールド用アルミテープ」を使用する方法もあります。.

comではそれらのショップの「最安値」を常に分かりやすく表示しているため、安い製品を多く見つけることが出来るのです。 7割の人が価格.

  • スピーカーからときどき「ジー」というノイズが聞こえることがあります。この「ジー」というノイズの原因には2種類あり、1つ目はスピーカーそのものの故障の原因と、2つ目はコンセントなどの配線に原因がある場合です。 特に「ジー」というノイズの原因は「電流が多量に入力されている場合」などに起こることが多く、この場合も使用している機器類の「電流を受信するキャパシティ」を超えている場合などが認められます。オーディオ設定を適切に調節することによってスピーカーのノイズを消せる場合もあるため、まずはスピーカーの配線の状態を確認することが必要です。 他にも「電波受信を行なう際の混線の場合」も含まれるため、その場合はまず機器類の電源をオフ設定し、電気信号の調整を行なうことも大切です。つまり電気信号には「チャンネル」という電信設定があらかじめあり、このチャンネルを適切に合わせる必要があります。.
  • 親切・丁寧な 回答が集まる場 30分以内に回答が もらえ回答数は平均3件! 匿名 ニックネーム での投稿なので安心.

Luxman L 40 2SC. PC PC 3. 5 14 .

まずは知っておきたいノイズの基本

沼さん さん. gooIDで新規登録・ログイン 新規登録する(無料) 会員の方はこちら. PC内蔵スピーカーのノイズの原因は、まず「電波や受信の際の混線」が非常に多いです。たとえばインターネット情報を受信する場合には、通常からさまざまなサイトからの電波を受信することとなり、この「さまざまな情報を受信する」という時点でパソコン内のスピーカー機能(設定)にそれなりの影響が及ぼされることになります。 そしてパソコン本体に影響がある場合もあり、この場合はホコリが付着していたり、また長い期間において使用していたことにより、パソコン機能そのものが寿命を迎えている場合もあります。 さらにスピーカーのノイズの原因としては、パソコンの設置場所の問題があり、電波を受信しにくい場所に設定することによってスピーカーからノイズが発生したり、無理に受信を行おうとした場合にはそのオーバーワークが祟ってヒートノイズに変わったりすることがあります。.

まだ会員でない方、会員になると あなたも質問や回答ができるようになります!!

goo. 44, 8PC. PC PC 3. Nexus7 Android.

ベストアンサーに選ばれた回答

スピーカーから出るノイズを消す方法 と関連した記事をチェックしたい場合は、 携帯・カメラ・オーディオ のジャンルから探すことができます。. ノイズの原因 ノイズの原因 としては、 熱抵抗が高くなっている ことが言えます。それを回避するには抵抗を低く、減らしていくことが重要になってきます。 バランスの取れた配線や設置などが必要 です。また、周波が出るような機器がスピーカー近くにあるだけで、ノイズが発生する要因にもなります。ただし、高額なスピーカーの場合、このような状況も想定され設計されていますのでノイズが大きいようでしたら、配線のアンバランスさが原因であることが多いのです。 熱がこもってしまう とやはり ノイズ発生の原因 となります。高温多湿により熱抵抗が上がり発生するのです。ノイズが出た場合 冷やすことが大切 とされていますが、 高温多湿な環境を作らない努力が必要 となります。熱抵抗が起こったときは、一度操作をやめてみるというのが手っ取り早い方法です。.

全クリア 参照履歴を保存しない.

SP. Luxman L 40 2SC. HiFi. 30 3 .

Speaker System Z313 [ブラック&グレー]

今スカイプ通話してるのですが、ブツブツ音はしなくなりましたが、サーという音はしてます。 もちろん耳を近づけないとわからないレベルですが。こういうものなんでしょうかね? 書込番号: 0 点. Q アンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について 古いプリメインアンプ(Luxman L)を使用しています。 先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。 検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。 電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。 どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。 このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか? また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SCなどのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。 はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。 どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。 古いプリメインアンプ(Luxman L)を使用しています。 先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。 検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが ノイズフィルターというのは一般的に「電気を使用したデバイスに取り付ける備品」のことを指し、このノイズフィルターの効果によって電源周波数の調整を計算し、電子回路の途上で発生するさまざまなノイズを払拭する働きが得られます。 このノイズフィルターは主に工場や特定の研究施設などで使用されており、自動制御装置の役割を持たされる形で「外部から入ってくるノイズ」を自動的に消していく効果を持ちます。 そのため、デジタル装置によって動くあらゆる機器類に取り付けられていることが多く、たいていノイズフィルターの効果によって電動時に発生するノイズや外部から受信する際に発生するノイズを払拭できます。.

アテゴン乗り さん.

212 .

読むことをお勧めします:

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 hannahjoinercrosby.com | 利用規約 | 連絡先 |